テーマ:≪白鳥一声≫

9条存廃問題についての当ブログの考え方

「戦争を無くす」という理想と現実の間で、 どうやって折り合いをつけるか?  日本国憲法 前文 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意…
トラックバック:2
コメント:28

続きを読むread more

「公正な議論のために」

相手の揚げ足を取るのでなくて、 相手の意を汲んで議論するということ。  このブログの記事をいくつか読まれた方は、僕がけっこう頻繁に「公正な議論のために」「公正な記述のために」という言葉を使っているとお気づきになるかと思います。  今回は、そのことについて書きます。  実は、僕はこの言葉があまり好きなわけではありません。「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学に参画する市民のための「玉入れ」理論

市民が科学社会の行方に「責任を持つ」ためには、どうすればよいでしょうか? 科学は僕たち人間が幸せになるための道具だ。 それを暴走させないためには、 僕たち市民が科学に責任を持たないといけない。  このような趣旨のもと、『科学に責任を持つ市民のブログ』というバナーを公開しました。  温暖化と環境破壊、医療現場と生命倫理の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

科学に責任を持つ市民のブログ

科学とは猛獣であり、 僕たちはそれを御さなければならないということ。 そのためにはしなければならないことがあり、 でもそれは誰にでもできることだということ。  最近思うところがあって、こんなバナーを作ってみました。  もしもイイナと思われた方がおられましたら、ぜひご自由にお持ち帰りいただき、お好きなところに貼ってやっていた…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

医療崩壊: この国の医療をむしばむもの

『助かるハズのものは、必ず助かる』 そんな幻想は抱かないでください。 医療は常にぎりぎりの戦いであり、 しかも我々が提供するのは廉価品にすぎません。  人の命と幸福が理不尽に断たれることについて。  医師を志そうと決めた僕が、いま力の及ぶ限りで書きたいことがあります。  この記事は、次の人全てに宛てて書くものです…
トラックバック:3
コメント:5

続きを読むread more

論理は人を傷つける

それでも僕は、 この凶器を武器に世界に立ち向かいたいと思います。 それは何故で、心に銘ずることは何かという話。  このブログへのコメントで、しばしば「論理的」というご感想をいただきます。  それはとても嬉しいことです。僕は自分のスタイルとして論理的であることを目指しており、それを評価していただけたということだからです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

理想とする社会

≪ユートピア≫を問われたら、 あるいは≪政治の目指すべき社会≫を尋ねられたら、 どう答えますか?  今回は、僕がさまざまな社会問題を考える上での出発点を振り返りたいと思います。  僕が理想とし、こんな世界で暮らしたいと思う社会はどんなものか、書いてみたいと思います。  僕が望む社会とは、 自分がどんな個性で、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「白鳥一声」とは?  ~記事テーマ≪白鳥一声≫について

「あなたは誰?」と尋ねられたときの答え方。 名ではなく、出自でもなく。 自分の主張を集めたもので、自分自身を定義します。  人のブログを読んでいると、そこの運営者がどのような理念や信条を持っていて、どんな価値観を大切にしているか知りたく思うときがあります。また、自分がこれまでブログを運営してきた中で、自分の価値観の根幹に関わる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうして「議論」するのか?

論破することはできます。 耳をふさぎ声だけ張り上げることもできます。 同じ羽根の仲間で群れることは心地よいでしょうし、 クチバシをそろえて違う羽色の迷い鳥を罵ることも あるいは心躍るものかもしれません。  ――それでも、もしも高みを目指すなら、 自分と異なる考えに僕たちはどう向き合えばよいのでしょう?  この青い世界を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオイヌノフグリ

自分が何者であるかということと、 人になんと呼ばれるかということ―― そのどちらが大切なのかという、僕のハンドルネームの話です。  唐突ですが、僕は花ではオオイヌノフグリが一番好きです。まだ寒い春のいちばん初めに咲く、あの小さな青い花です。  寒風の中、路傍に咲いたその花を見つけると、陽射しが暖かくなったことに気…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

もの言う孤独―ブログ名の由来

 時事関連のブログを始めてみて、自分が記事を書いた翌日、新聞の社説などに自分と全く逆の見解が載っていたりなどすると、けっこう堪えますね。  ふと、自分の意見を主張するのが怖いと感じました。  しかし、素養も背景知識も不十分な一市民が自分の意見を持つとは、そういうことではないでしょうか。  全問正解などということは不可能で、つた…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more