白鳥一声

アクセスカウンタ

zoom RSS 薬害肝炎まとめ トップページ

<<   作成日時 : 2008/02/06 18:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

このエントリーは、「科学に責任を持つ市民のブログ」の理念にもとづいて書かれています

 薬害肝炎は、医療が引き起こした問題でした。
 その一方には政府が国民の命を軽んじた経緯がありましたが、他方には医療が根源的にはらむリスクの問題がありました。被害者は救済されつつありますが、その大きな弊害も生まれようとしています。

 結局、僕たちは何を望んでいたのでしょうか?
 それを、この連載で冷静に振り返ってみたいと思います。

 僕は、ウイルス性肝炎の医療費支援がもっと早く実現されるべきだったと考えています。しかし、それは叶いませんでした。
 この稿では、この薬害肝炎問題の教訓を生かし、よりよい社会を目指す道を、僕なりに考えたいと思います。

 この連載の目標は、以下のようなものです
  • 薬害肝炎問題が「なぜ」起こったのかを整理する
  • 今後行われる第三者委員会による検証作業で、検証されるべき事を考える
  • 社会の一員である僕たち市民が反省すべきことを考える


 最近感銘を受けたこの言葉から、この連載を始めさせていただきたいと思います。
 なにものかを名指しして責任を問うことはたやすい。しかし、「なぜ」を問わない責任の追及は、時間と空間と主体を変えた反復をまぬがれないだろう。その意味では、責任の主体をはっきりさせることに劣らず、ことがらの複雑性と重層性をみること、「なぜ」を問うことこそ重要である。

『和解のために 教科書・慰安婦・靖国・独島』 p.99 朴裕河著、佐藤久訳 平凡社


◆ 薬害肝炎まとめ 目次 ◆

トップページ
(追記)


(訂正履歴)

2008/02/07
  『薬害肝炎まとめ 付録.リンク集』#(薬事)行政の視点からの主張 訂正しました。
  『薬害肝炎まとめ 付録.リンク集』 「小林哲之ちょっとだけ語る」さまへのリンクを追加しました。



――ブログランキング参加――
僕たちを取り巻く様々な問題を、より深く考えるため、
もしもこのブログの記事が少しでも皆さまのお役に立てたなら、
一日ひとクリックだけご協力いただければ幸いです。
1日2クリック以上は無効となるようです
この記事がより多くの人の目に触れる機会となります。
あつかましいお願いですが、よろしくお願いいたします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
恐ろしい:B型・C型肝炎の治療費助成開始
B型・C型肝炎の治療費助成開始 年間10万人見込む2008年04月01日19時3 ...続きを見る
小林哲之ちょっとだけ語る
2008/04/02 20:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
薬害肝炎まとめ トップページ 白鳥一声/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる