テーマ:価値観

日本版ポリティカルコンパス

 IZW134さんのブログ『アメリカ発祥の地でアメリカ法を思考する』のプロフィール欄を通じて、こんな物を見つけました。   『日本版ポリティカルコンパスについて』  面白そうなので、やってみました。  ドラフト3版  結果は…  政治的な右・左度(保守・リベラル度) -3.4  経済的な右・左度(市場信頼…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

人の「名前」について

人生で一番大切なことって、何ですか?  しばらく更新が滞りまくりです…  今日も時間がないので、手抜き記事をひとつ。  最近、市民税処理のバイトをしていると、いろいろな名前にふれる機会があります。  人の名前です。  太郎くんとか花子さんとかの名前です。  ふと、「この人の名付け親は、どういう想いでこの名…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

閑話(ひまばなし)

ホドホドで納得するということ  連日のお堅い話題で疲れ気味なので、今回はいつもと少し趣向を変えていきたいと思います。  少なからず共感を覚えたこんな記事。   『結婚を前提でしか男性を見れません・・・(29歳・女性)』    専門家に聞く恋愛相談 Vol.822  …恋愛相談ネタかよっ!?  というか、こ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

論理は人を傷つける

それでも僕は、 この凶器を武器に世界に立ち向かいたいと思います。 それは何故で、心に銘ずることは何かという話。  このブログへのコメントで、しばしば「論理的」というご感想をいただきます。  それはとても嬉しいことです。僕は自分のスタイルとして論理的であることを目指しており、それを評価していただけたということだからです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

理想とする社会

≪ユートピア≫を問われたら、 あるいは≪政治の目指すべき社会≫を尋ねられたら、 どう答えますか?  今回は、僕がさまざまな社会問題を考える上での出発点を振り返りたいと思います。  僕が理想とし、こんな世界で暮らしたいと思う社会はどんなものか、書いてみたいと思います。  僕が望む社会とは、 自分がどんな個性で、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな記事が書きたい ~薬害・朝日社説

手本にしたいものがあるということ  薬害肝炎の和解協議が決裂した問題が、朝日新聞の社説で取り上げられました。   『「肝炎和解案」―解決へさらに知恵を』    朝日新聞社説 2007.12.21 (Web魚拓)  昨日僕が書いた記事と同じトピックで、しかも視点も似ていた(そう僕は感じました。違うかもしれません。特に線引き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

どうして「議論」するのか?

論破することはできます。 耳をふさぎ声だけ張り上げることもできます。 同じ羽根の仲間で群れることは心地よいでしょうし、 クチバシをそろえて違う羽色の迷い鳥を罵ることも あるいは心躍るものかもしれません。  ――それでも、もしも高みを目指すなら、 自分と異なる考えに僕たちはどう向き合えばよいのでしょう?  この青い世界を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小池元防衛相、女の直感?

例えば野球、希少な左腕投手が左腕というだけで存在意義を持ちえるように、 女性閣僚は女性だというだけで存在意義を持つのでしょうか?  小池元防衛相のこんな発言に、少し引っかかりを感じました。   「女の直感で『よろしくない』と思った」 小池元防衛相    朝日新聞 2007.11.19(Web魚拓)  小池元防衛相が在任…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オオイヌノフグリ

自分が何者であるかということと、 人になんと呼ばれるかということ―― そのどちらが大切なのかという、僕のハンドルネームの話です。  唐突ですが、僕は花ではオオイヌノフグリが一番好きです。まだ寒い春のいちばん初めに咲く、あの小さな青い花です。  寒風の中、路傍に咲いたその花を見つけると、陽射しが暖かくなったことに気…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

「ミシュラン金星」日本外食の光と陰 ~食の禁忌に冷たい土壌

一つ、誉れを得たときに、 一つ、至らざることを省みる――  幾多の日本人が世界に示してきた美徳に倣いたい思います。  ミシュランガイド東京版の発刊に先立って、その概要が発表されたようです。  これまでで発刊された全ての街を上回る8店もの3つ星を得たとのことで、日本の食文化が高く評価されたことを、日本人としてとても誇りに思いま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

なぜでしょう? 大ヒット記事

過激なことを書けば、人目を引くことができます。 でも、穏当な言葉で人の心に届くものこそが、真に目指すべき主張であると、僕はそう信じています。  自分のことで恐縮ですが、昨日投稿したブログ記事が、わずか一昼夜でこれまで書いた30弱の記事全てを上回る閲覧数を記録しました。驚いています。   事実だけど舌足らずな新聞記事 ~全盲患者…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ファッションモデルと拒食症: 人間の価値

僕たちは、いろいろな物差しで他人を測っては、 評点をつけて順位づけします。 収入、学歴、容姿、性向、知力、運動能力…  「ありのままの自分を受け入れてもらいたい」と思うことは贅沢でしょうか?   少し古いニュースになってしまいますが、イタリアでファッション業界などを批判する広告キャンペーンが展開されていたようです。モデルなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「犬殺しで終身刑」と「ベジタリアン」と

生きとし生けるものはみな平等で、命の重みに違いはないという考え方があります。 人を殺すことと、犬を殺すことと、牛を殺すことと、クジラを殺すことと、蚊を殺すことは、同じ重みを持つのでしょうか?  アメリカのある事件で、恋人の飼う犬を殺した被告に終身刑が求刑されつつあるそうです。前科まで加味した求刑のようですが、動物愛護者には歓迎す…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more