テーマ:医療

コンビニ受診について (※訂正あり)

※タイトル誤字を修正しました 2008.03.13  いつも僕がブログ『誰に投票する?』でお世話になっているアイスゆずさんが、   『コンビニ受診で50通り』  という企画を行われていますので、こちらでも紹介させていただきたいと思います。 ※リンク先がミラーサイトだったので、元サイトに訂正しました 2008.03.13 …
トラックバック:7
コメント:12

続きを読むread more

問題提起: 医療者の過失と刑罰

医者と市民の間の溝には、こんなものもあると思います。 さて、どうやって埋めたものでしょうか?  先日の記事で、「医師と刑罰を適用するな」という僕の主張についてkusukusuさんからとても鋭いご指摘をいただきました。それを、今日ご紹介しようと考えていました。  その矢先、別のところでタイムリーな記事を拝読しました。(後でご紹介…
トラックバック:3
コメント:25

続きを読むread more

医療と商業に関して、いただいたトラックバック記事のこと

医療器具、医薬品の広告には、細心の注意とふつうのモラルを望みます。  ずいぶん以前の当ブログの記事   『タミフル異常行動: 本当に副作用?』  に、次の記事からトラックバックをいただきました。   『タミフルの副作用で死ぬかと思った!』    通販情報ホームページ(人気商品・売れ筋製品の購入に!)  当ブログ、営利…
トラックバック:41
コメント:2

続きを読むread more

不適切な医療行為について、医師の方が考えること

刑事罰を用いないというなら、 医師をどう取り締まるのか?  「医師の診療行為については、刑事責任を追及するな」  という主張があり、僕も賛同しています。  医師が患者の死によって刑事責任を問われるならば、医療行為を合法的に行えないからです。  医療は不確実であり、必ず死と向き合う職業です。  しかし、一般論として…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

医者は逮捕し放題!?

 福島大野病院事件2.18キャンペーン巡りをしていたら、こんな衝撃的なご指摘がありました。  僕がいつもお世話になっている、「がんになっても、あわてない」さんの記事を紹介させて頂きます。   『2006年2月18日から2年』    がんになっても、あわてない 逮捕後身柄の拘束は続けられ、20日後の3月10日、医師は起訴され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産科医不当逮捕・立件事件への抗議行動

我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します この福島大野病院事件2.18キャンペーンについては、以下をごらん下さい。   『今年も2.18企画』 新小児科医のつぶやき 運動方法は2月18日に、 1.ブロガーの方 できれば冒頭部にキャッチフレーズを書いていただき、皆様のスタイルでこの事件への思い…
トラックバック:6
コメント:18

続きを読むread more

福島大野病院事件2.18企画

 こんなのがあったのか…  不勉強にして知りませんでした。  『今年も2.18企画』   新小児科医のつぶやき  参加せねば…  決行日まで、まだ時間はあります。  急いで問題を整理し、当日少しでも多くのブログが呼応してくれるよう、普及活動をします。  この企画は医療ブログだけにとどめてはいけないと思います…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

救急車のお世話になるときに備える心構え

 救急医療に携わっておられる医師の方が、一般の人が普段から心がけると良いことを書いておられます。  僕たちがなかなか知る機会のないことを、お忙しい中で、とても分かりやすく教えて下さっています。ぜひ広めたく、こちらで紹介させていただきます。   『救急医療を受ける方へ(1)』    日々是よろずER診療  詳しくはぜひ元記…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ときには良い医療報道もあります

 最近、医療報道批判ばかりしてきたような気がします。  メディアの報道姿勢には問題が多いのでやむを得ないことなのですが、医療従事者が強いられた困難に光を当てる良い記事もあるので、それはきちんと紹介したいと思います。  こちら。   『【溶けゆく日本人】疲弊する医療現場 権利を名乗る身勝手』    イザ!配信 2008.0…
トラックバック:3
コメント:11

続きを読むread more

医療ミスのニュースを見たら、お医者さまのブログを読もう 『割りばし死亡事故(杏林大付属病院)』

 転倒して割り箸がのどに刺さった保育園児が、救急搬送されて治療を受けた翌日に死亡した事件です。医師の過失が訴訟で争われましたが、刑事訴訟の無罪に続き、民事訴訟でも遺族の請求を棄却する判決が出ました。  ※キャンペーン「医療ミスのニュースを見たら、お医者さまのブログを読もう」についてはこちらをごらん下さい   『遺族へ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「お医者さん」って何だろう? 医療とお金の話について

医者は儲けすぎているのか? 開業医は儲けすぎているのか?  さて、当ブログ薬害肝炎特集もようやく一段落したところで、そろそろ新しいテーマを探したいと思います。  といっても集中連載は疲れるので、ぼちぼち勉強していく感じで取りかかっていきたいと思います。  「医者の正当な労働評価は、どのくらいなのか?」  こんな感じ…
トラックバック:3
コメント:14

続きを読むread more

薬害肝炎まとめ 追記1.「推定350万」肝炎被害の重さ

「あなたの周りにも、必ず薬害被害者がいる」 ◆ 薬害肝炎まとめ 目次 ◆ トップページ1.「薬害」とは何か? 2.被害者および弁護団の置かれた立場 3.弁護団も「正義」ではない 4.「一律救済」の無理と、責任追及の複雑さ 5.和解の弊害 ~医療崩壊と救済の不公平 6.検証されるべき問題点(1) ずさんな薬事審査と、…
トラックバック:4
コメント:16

続きを読むread more

薬害肝炎まとめ あとがき

連載を終えた感想など◆ 薬害肝炎まとめ 目次 ◆ トップページ1.「薬害」とは何か? 2.被害者および弁護団の置かれた立場 3.弁護団も「正義」ではない 4.「一律救済」の無理と、責任追及の複雑さ 5.和解の弊害 ~医療崩壊と救済の不公平 6.検証されるべき問題点(1) ずさんな薬事審査と、製薬会社と国との癒着 7.検…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

薬害肝炎まとめ 付録.リンク集

◆ 薬害肝炎まとめ 目次 ◆ トップページ1.「薬害」とは何か? 2.被害者および弁護団の置かれた立場 3.弁護団も「正義」ではない 4.「一律救済」の無理と、責任追及の複雑さ 5.和解の弊害 ~医療崩壊と救済の不公平 6.検証されるべき問題点(1) ずさんな薬事審査と、製薬会社と国との癒着 7.検証されるべき問題点(…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

薬害肝炎まとめ 10.市民の反省と、未来のためにできること

この問題で、誰かを責めるばかりではなく、 僕たち自身の糧にできることは、何か? ◆ 薬害肝炎まとめ 目次 ◆ トップページ1.「薬害」とは何か? 2.被害者および弁護団の置かれた立場 3.弁護団も「正義」ではない 4.「一律救済」の無理と、責任追及の複雑さ 5.和解の弊害 ~医療崩壊と救済の不公平 6.検証される…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

薬害肝炎まとめ 9.マスコミ報道の偏り

「マスコミは、『医療の避けられないリスク』に配慮した報道を行うべきだ」 ◆ 薬害肝炎まとめ 目次 ◆ トップページ1.「薬害」とは何か? 2.被害者および弁護団の置かれた立場 3.弁護団も「正義」ではない 4.「一律救済」の無理と、責任追及の複雑さ 5.和解の弊害 ~医療崩壊と救済の不公平 6.検証されるべき問題点…
トラックバック:3
コメント:9

続きを読むread more

薬害肝炎まとめ 8.政府に望む今後の対応

「何より対応遅れの反省が大切」  「速やかな一般対策の実施」  「救済範囲のゆがみの是正」  「官僚の人事の透明化」  「内部告発者保護制度の拡充」  「医療のリスクについての国民の啓発」  「予見できない副作用被害を救済する制度の制定」 ◆ 薬害肝炎まとめ 目次 ◆ トップページ1.「薬害」とは何か? 2.被…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

薬害肝炎まとめ 7.検証されるべき問題点(2) 問題化したあとの政府対応の鈍さ

「被害の拡大は防げたはずだ」  「リスト放置問題は責められるべきだ」   「事なかれ体質の改善を」 ◆ 薬害肝炎まとめ 目次 ◆ トップページ1.「薬害」とは何か? 2.被害者および弁護団の置かれた立場 3.弁護団も「正義」ではない 4.「一律救済」の無理と、責任追及の複雑さ 5.和解の弊害 ~医療崩壊と救済の不…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

薬害肝炎まとめ 6.検証されるべき問題点(1) ずさんな薬事審査と、製薬会社と国との癒着

「薬事審査の実態にメスを」  「この機会に、医薬業への不信感の払拭を」 ◆ 薬害肝炎まとめ 目次 ◆ トップページ1.「薬害」とは何か? 2.被害者および弁護団の置かれた立場 3.弁護団も「正義」ではない 4.「一律救済」の無理と、責任追及の複雑さ 5.和解の弊害 ~医療崩壊と救済の不公平 6.検証されるべき問題…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

薬害肝炎まとめ 5.和解の弊害 ~医療崩壊と救済の不公平

「国民に誤ったメッセージが発信された」  「薬事行政の後退を招きかねない」  「同じ被害者の間で不公平が生じた」 ◆ 薬害肝炎まとめ 目次 ◆ トップページ1.「薬害」とは何か? 2.被害者および弁護団の置かれた立場 3.弁護団も「正義」ではない 4.「一律救済」の無理と、責任追及の複雑さ 5.和解の弊害 ~医療…
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more

薬害肝炎まとめ 4.「一律救済」の無理と、責任追及の複雑さ

「C型肝炎を全て予防するのは困難だった」  「『一律救済』という主張は、責任追及という観点からは妥当ではない」  「国の『責任』は慎重に検証されなければならない」 ◆ 薬害肝炎まとめ 目次 ◆ トップページ1.「薬害」とは何か? 2.被害者および弁護団の置かれた立場 3.弁護団も「正義」ではない 4.「一律救済」の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

薬害肝炎まとめ 3.弁護団も「正義」ではない

当たり前のことですが、 弁護団は「原告の利益」を代弁する立場です。 僕たちは、自分自身のために、 彼らの言い分も慎重に聞き分けなければなりません。 ◆ 薬害肝炎まとめ 目次 ◆ トップページ1.「薬害」とは何か? 2.被害者および弁護団の置かれた立場 3.弁護団も「正義」ではない 4.「一律救済」の無理と、責任追…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

薬害肝炎まとめ 2.被害者および弁護団の置かれた立場

「被害者の方々が一番辛い思いをしている」 「弁護団は全ての肝炎対策のために訴訟した」 「『一律救済』決着は妥当ではないが、最善だ」 ◆ 薬害肝炎まとめ 目次 ◆ トップページ1.「薬害」とは何か? 2.被害者および弁護団の置かれた立場 3.弁護団も「正義」ではない 4.「一律救済」の無理と、責任追及の複雑さ 5.…
トラックバック:1
コメント:21

続きを読むread more

薬害肝炎まとめ 1.「薬害」とは何か?

「避けられたものこそが≪薬害≫だ」 ◆ 薬害肝炎まとめ 目次 ◆ トップページ1.「薬害」とは何か? 2.被害者および弁護団の置かれた立場 3.弁護団も「正義」ではない 4.「一律救済」の無理と、責任追及の複雑さ 5.和解の弊害 ~医療崩壊と救済の不公平 6.検証されるべき問題点(1) ずさんな薬事審査と、製薬会社…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

医療ミスのニュースを見たら、お医者さまのブログを読もう 『三重・卵巣切除』

 当ブログで、こんなキャンペーンを始めてみることにしました。  マスコミの医療報道も非常に課題が多いようなので、少しは社会が明るくなるといいなと思います。  キャンペーンの意図。  自分で医療過誤報道の解説記事が書けなくても、とりあえずこの宣伝文句をタイトルにして記事を書き、自分がイイナと思った解説記事へのリンクを載せる。…
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more

医療効率化の弊害: 医師と市民でできること (再追記あり)

「効率的な医療」と「良い医療」  この二つは、両立できないのか? できるのならば、僕たちの努力はどこに向けるべきなのか? 追記: お読みになる前に  この記事は、取り上げた題材である医療の「DPC制度」について誤った理解のもとに書かれています。深くお詫び申し上げると共に、この記事に書かれている例を(ブログ『東京日和@元勤務医…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

素人考・医師不足

なぜ医者が足りないのか?  村野瀬さんのブログからトラックバックいただいた次の記事について、取り急ぎ僕が考えたことを書きます。   『救急医療でのたらい回しへの対策を自公与党が検討するそうですが、的外れのような気がします。』  始めにお断りしますと、僕がこれから記事を書くコンセプトは「拙速」です。  未だ自分も素人である…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

薬害肝炎: 『対立する与野党の違い』にいただいたご意見について

 このブログで先日書いた記事に、ブログ『誰に投票する?』のほうでご意見いただきました(管理人さま、いつもお世話になっております)。  今回は、いただいたご意見について僕が考えたことを書きたいと思います。  今回初めてこちらをご覧になる方のために、議論になっている点をかいつまんで説明します。  薬害肝炎訴訟によって政府から被害の…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

薬害肝炎一般対策: 補償と支援の区別

「ごめんなさい」という言葉の重さについて。  薬害肝炎について、このたび給付金支給法(以下「薬害救済法」)が成立しました。訴訟により国と和解した「投薬証明ができる患者」(1000人程度)に対して、数千万円の給付金を支払うものです。  しかし、問題となった疾患であるB型・C型肝炎(以下「特定肝炎」)は推定で350万人とも言われてお…
トラックバック:1
コメント:17

続きを読むread more

【過去記事に関する注意】薬害肝炎弁護団主張およびタミフル厚労省調査に疑義

科学的データを扱うときは細心の注意が必要です。  当ブログで最近執筆した二つの記事について、その論拠としたデータに深刻な疑義が示されています。そのことをこちらに示すと共に、現状での僕の認識も示します。 ■ 薬害肝炎についての弁護団主張 (主張の内容)  「特定肝炎のインターフェロン療法を国が全額負担することにより、3…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more