コメントについて

 まずは、ありがとうございます。
 このブログ「白鳥一声」を訪れていただいて、このエントリーまでのぞいてみて下さった方というのは、多少はこのブログに思うところがあった方だと思います。
 そのことにお礼申し上げます。

 このブログはコメントを歓迎しています。何か書いていただければ僕はとても嬉しいです。
 ブログをやっていて一番嬉しいのは、やはり自分のエントリーに誰かがコメントを書いてくれることです。同意や共感、あるいは「それは違うんじゃないの?」というような反対意見でも、確かに読んでもらえたと分かると「書いて良かったな」と思います。
 我ながらお堅い文章ばかり書いており、取っつきにくいだろうなあとは思います。エントリーにはときに手厳しい批判もありますが、でもそれは社会的に責任のある相手に対してだけです。コメント欄では、気軽に発言できる雰囲気を作りたいと思っています。

 政治や社会問題の話をするのは人に気兼ねが多く、なかなか本音で語れないものです。でも、大切なことです。そんな話題を、自分の知識や議論のスキルに引け目を感じず、忌憚なく意見を交わせる場があればいいなと思います。
 自分のブログがそんな場を提供できたらいいなと願っています。


 それでも、残念なことですが。
 公共の場で政治という繊細な議論をする以上、感情の摩擦が起きるリスクは小さいとは言えません。
 そのために、このブログにコメントを下さる方にお願いする、最低限のルールを設けました。どうかお読み下さり、ご了承いただいた上でコメントをいただければ幸いです。
  1. コメントは、建設的な議論につながるよう心がけてください。
    意見主張なのに根拠がないものや、対立意見の論拠を考慮しない一方的な発言、過度に感情的なコメントなどは歓迎されません。また、他者に対する人格攻撃が含まれる文章はそれだけで削除対象とさせていただきます。
  2. 記事の内容に関連していれば、来訪者同士がコメントで議論してくださるのは大いに歓迎します。
  3. いただいたコメントは、管理人が他所に転載させていただくことがあります。
    エントリーで紹介させて頂いたり、(ないとは思いますが、万が一)このブログが書籍になったり、の場合です。
  4. 一般的なルールとマナー(例えば著作権の問題など)は遵守していただくようお願いいたします。
 これらのルールに反するコメントは、やむを得ない場合、管理人の独断で削除されることがあります。オープンな意見交換のためになるべく行いたくないとは思っていますが、どうかご了承下さい。
 また、このルールは今後変更される可能性があります。その点もご了承下さい。

 ここまで読んで下さった方には、長文大変申し訳ありませんでした。
 もしもご了承いただけず、それでも管理人に一言申したいと思われた方は、こちらの宛先にメールをいただければと思います。

 どうかよろしくお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • VISVIM 通販

    Excerpt: コメントについて 白鳥一声/ウェブリブログ Weblog: VISVIM 通販 racked: 2013-07-10 06:54