白鳥一声

アクセスカウンタ

zoom RSS 産科医不当逮捕・立件事件への抗議行動

<<   作成日時 : 2008/02/18 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 18

我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します
このエントリーは、「科学に責任を持つ市民のブログ」の理念にもとづいて書かれています

この福島大野病院事件2.18キャンペーンについては、以下をごらん下さい。
  『今年も2.18企画』 新小児科医のつぶやき
運動方法は2月18日に、

1.ブロガーの方
できれば冒頭部にキャッチフレーズを書いていただき、皆様のスタイルでこの事件への思いを書いてもらえればと思います。もちろん冒頭部限定ではありませんが、支援キャンペインですから、最初の方に入れていただければ幸いです。

2.コメンテーターの方
キャッチフレーズに対し一言、「私も賛同する」と頂ければと思います。

 僕は、この運動が力を持つためには、医師の方が参加されること以上に一般の方が参加されることが重要だと考えます。
  • これが、一般市民である僕たち自身の問題だから
  • 非医療者の参加こそが、メッセージに説得力を持たせるから
  • 一般的な政治ブログは医療ブログより大きな読者層を持っており、かつその中にこそ問題意識を持ってもらいたい方々がいるから
 以上の理由によります。

 この運動に参加して下さる一般の方にお願いです。
 賛同表明のコメントおよびトラックバックは、僕のこの記事に対して行うよりも、これからご紹介するものをはじめとした医師の方のブログに行ってください
それが、問題を解決しようとするこれらの方々を勇気づけることにつながると信じます。

 この記事は、職業として医療に関わらない一般の方に向けて書きます。

 事件の概要については、Wikipediaが簡潔にまとまっているのでごらん下さい。
  『福島県立大野病院産科医逮捕事件』 Wikipedia
2004年当時、同院における産婦人科常勤医師は1人であった(俗にいう「一人医師体制」)。

2004年12月17日帝王切開中の出血により患者が死亡した。経過としては、癒着胎盤(引用者注: 1万〜2万例に1例という非常に稀な、かつ治療難度の高い危険な症状)の剥離中に多量の出血が生じたため、追加輸血をおこなった。輸血終了後に血圧上昇を確認の後、子宮を摘出。その後、止血操作中に突然心室細動となった。蘇生を試みるも妊婦は死亡した。

2006年2月18日、業務上過失致死罪および異状死の届出義務違反(医師法違反)の疑いで担当医師が逮捕、その後起訴された。死因は検察と被告人の間に見解の相違があり、現在係争中である。
 医師の方が書かれたものとしては、こちらの文章が参考になります。
 福島の産婦人科医起訴逮捕事件は、世間はともかく医療界では深刻な論議を呼び起こしています。医療のプロとも言うべき医師は真摯な議論の末、分かるだけの情報を分析し、逮捕された医師に犯罪的行為が無かったと判断しています。医学界が一医療事故に対して、これほど多くの医師が診療科の枠さえ超えて検証したことは前代未聞です。それでも結論は無罪です。ごく一部の医師が異論を唱えるかもしれませんが、産婦人科集団の最高権威である産婦人科学会も無罪であると公式表明しているほどの事例です。

『医師逮捕起訴は県警本部長賞もの』 新小児科医のつぶやきより抜粋
また、具体的な医療行為の内容まで含めた経緯は、こちらをお薦めします。
  『母体死亡事例の少し詳しい経緯』
   ある産婦人科医のひとりごと

 新聞報道を集めたものとしては、患者さんの側の声も含め、同じブログのこちらの記事が参考になります。(僕は読み切れていません)
  『大野病院事件 第12回公判』
   ある産婦人科医のひとりごと


◆ ◆ ◆

 まず、この事件の重大性を知ってください。

 医療行為の望ましくない結果によって医師が逮捕され、刑事責任を問われることは、医療を根底から崩壊させる重大な問題です。
 それは、例えば次のようなことにも並ぶと、僕は認識しています。
  • ジャーナリストが、言論によって逮捕される
  • 政治家が、掲げた政策によって逮捕される
  • 裁判官が、下した判決によって逮捕される
 これらの職業には、その不正行為をただすにあたって格別の配慮がなされています。不当な逮捕に抵抗するため、それぞれ手段が与えられています。
 医師という職業にもこれと同等の配慮が必要だと僕は考えます。しかし現在それは実現されておらず、福島大野病院事件において不当な逮捕は現実のものとなりました。

◆ ◆ ◆

 なぜ、医師が刑事責任を問われてはならないのでしょうか?

 それは、患者の死で業務上過失致死罪を問われるならば、医師という職業を合法的に行うことはできないからです。
 医療は不確実であり、必ず死と向き合う職業です。
 そして、その医療行為の妥当性は、同業である医師にしか判断できません。
 さらに、ある時点での医療行為の是非を、結果論で論じるのは危険です。

 福島大野病院事件は、医療過誤とは言い切れないと、多くの医師が検討しても意見が一致する困難な症例でした。
 それで患者さんがなくなったことには、哀悼の意を表します。しかし、医師が刑事責任を問われてはなりません。

◆ ◆ ◆

 さらに、今回の逮捕が不当だった理由があります。

 逮捕された産科医は、福島大野病院におけるたった一人の産科医でした。
 この地方の周産期医療を一人で支え、年間200例もの出産を手がけていたそうです。
 当然、出産は平日の昼間を選んで起きたりはしません。この医師に限らず、一般的な産科医は労働基準法の水準をはるかに超える過酷な労働を強いられています。
 病院に一人しか産科医がいなければ、交代で休むこともできません。
 違法な長時間労働を強いられてまで地域医療に貢献してきた医師を、その医療行為が100点満点でなかったからといって、罪を問うことができるのでしょうか?

 医師が逮捕された平成18年2月18日は、事故が起きた平成16年12月17日の1年以上後でした。
 日本医師会によると、それまでの当局の捜査に、医師および病院関係者は真摯に対応してきたそうです。(日本医師会 *PDF
 例え刑事事件として起訴されるにしても、「逮捕」は証拠隠滅のおそれなどがあるときにしか行えません。事件から1年以上経過した後の逮捕が妥当であったか、疑問です。

◆ ◆ ◆

 この事件の影響は、重大なものでした。

 逮捕された医師は現在保釈されていますが、医師としては働いていないそうです。(Nikkei Medical Online 2007.01.25 ブログ『ある産婦人科医のひとりごと』の転載による)
 その医師のお父様もやはり医師でしたが、マスコミのバッシングのため、開業していた医院を閉鎖せざるを得なくなったそうです。(『福島県大野病院事件のウラで』 元気に明るく生きて行ける社会のために、医者のホンネを綴りたい
 この事件は、関係者の人生を台無しにしました。

 このような経緯は、産婦人科からの医師の逃散を招いています。
  『医の現場 疲弊する勤務医(1)「医師逮捕」心キレた』
   読売新聞 2007.04.30

 悪意ある違法行為でなく、自分の力が及ぶかぎりの医療行為で罪に問われるならば、医師のこのような反応は当然のものです。

 さらに、産婦人科に残った医師にとっても、この事件は不当な診療を強いるものです。
 検察は「医師は大量出血を予見して、はじめから子宮摘出を行うべきだった」と主張しています。ネット上ではこんな声も聞かれます
これが前例となって、 子宮摘出が事実上の義務とされるわけです

母体は死なないし、医者も明確な基準が出来て めでたしめでたし

でいいのかな?
この裁判が有罪となったら、ちょっとでもなにかあったら子宮摘出がstandardになるだろうね。
「初産で必ず帝切・子宮摘出」にすれば第2子以降の合併症は防げるな
(以上、『福島県立大野病院事件初公判 (その4) 判決が産科医と妊産婦にもたらす暗い未来』 天漢日乗にあった転載より引用)

 また、検察は「医師にはこの事故を異常死として届け出る義務があった」と主張していますが、「異常死」の定義は示されていません。
 このような状況は、医療現場に深刻な混乱を招いており、患者と医療者の信頼関係を壊しています。
  『医の現場 疲弊する勤務医(1)「医師逮捕」心キレた』
   読売新聞 2007.04.30
(前略)が、その後の病院の対応が両親との信頼関係を壊す。大野病院事件の医師は異状死体の届け出義務違反でも立件されたが、この二の舞いを恐れた病院側が警察に連絡したのだ。警察官の姿を見た父親が叫んだ。「なぜ警察を呼ぶの?(司法解剖で)顔も切るの? 僕の赤ちゃんだよ」


 このように、福島大野病院事件は、僕たち市民に重大な不利益をもたらしています。

◆ ◆ ◆


 市民一人一人が声を上げ、
 この逮捕を不当なものとして周知することを、
 ご協力お願いいたします。


――ブログランキング参加――
僕たちを取り巻く様々な問題を、より深く考えるため、
もしもこのブログの記事が少しでも皆さまのお役に立てたなら、
一日ひとクリックだけご協力いただければ幸いです。
1日2クリック以上は無効となるようです
この記事がより多くの人の目に触れる機会となります。
あつかましいお願いですが、よろしくお願いいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
福島大野病院事件2.18キャンペーン
我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します ...続きを見る
誰に投票する?
2008/02/18 00:14
福島大野病院事件
身近な人を喪うことはとても悲しいことです 生きていればそんな悲しみを経験しないわけにはいきません 私は医師として できることならそんな悲しみに寄り添いたいと考えています 私だけでなく 死にゆく人に接することの多い医師の多数はそうであろうと思います ...続きを見る
Dr. 鼻メガネの 「健康で行こう!」
2008/02/18 01:13
我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します
我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します ...続きを見る
ある町医者の診療日記
2008/02/18 12:04
[忘れない・・・]2.18企画 我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します
 今日は二年前の「福島県大野病院の産科医の不当逮捕」の日であります。産科医として正しい治療を行ったのに、刑事事件として書類送検ではなく逮捕され不当な取調べを受け、その病院から産科診療を停止させた福島県警の事件です。 テレビカメラを呼んでの医師の逮捕劇はあきらかに「異常」でした(誰がテレビカメラを呼んだのかは知りませんが、マスコミは喜んで取り上げましたね)。これは海外ではありえません、日本はこの件だけで、法治国家ではなく「法痴」国家です。医療ミスがあったら民事訴訟となるのは仕方ありませんが、今回は... ...続きを見る
東京日和@元勤務医の日々
2008/02/19 02:01
福島大野病院事件から2年
『我々は福島大野病院事件で逮捕された 産婦人科医師の無罪を信じ支援します。 』 ...続きを見る
健康、病気なし、医者いらず
2008/02/20 00:44
我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します
私は医療関係者ではありませんが、「我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します」のキャンペーンに賛同を表&... ...続きを見る
村野瀬玲奈の秘書課広報室
2008/02/24 00:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
 この産婦人科医師に業務上過失致死罪の立件は難しいと思います。医療ミスはしていないからです。それを逮捕したのでは、医師の心が切れるのもよくわかります。業務上の過失の有無という視点では、医師が1人しかいない状況を生んでいる病院経営に過失があります。この場合、県立ですので福島県に問題があるかと。この病院のHPでは外科医も2人、小児科医も1人。医師が病気になったらどうなるの?って聞きたくなりますね。きっと福島県が裏で糸を引いていると思います。
一般人
2008/02/18 16:26
 一般人さん、いつもコメントありがとうございます。医師の窮状へのご理解、とても心強く思います。

 病院経営と県を責めるのは、僕は酷だと思います。むしろ国の医療行政に問題があると考えています。
 現在、日本は深刻な医師不足にあります。先進諸国で最低水準の医師数に加え、インフォームドコンセントなど患者側の権利(要求)は拡大するばかりです。
 病院や福島県が必死で医師をかき集めたとしても(事実かき集める必死の努力をしているだろうと思います)、どこにも医師は余っていないのです。
 これは、医学部の定員を縛っている国の問題です。
birds-eye
2008/02/18 22:36
(つづき)
 もちろん、「都会には昼間だけ働いている医者もいるじゃないか」という指摘はあります。でも、例えそれらの医師をすべて動員したとしても、やはり医師の数は足りないのです。
 本来、あらゆる制度はある程度のアソビを計算に入れて設計されるべきです。「都会で九時五時している自由診療医師」というものが例え存在していたとしても、だから「医師の数は足りている」ということにはならないはずです。
 地域医療の困難には、このような根底があると、僕は考えています。
birds-eye
2008/02/18 22:40
我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します

完全無罪の判決を望みます。
私達産婦人科医が今後も産婦人科を続けても大丈夫と感じるには、一部責任を負わされるだけでもアウトだと思っています。
桜井純一郎
2008/02/18 22:45
医師不足は深刻だと思います。特に人口が少ないところほど医師不足は深刻だと思います。私も開業医がいるから医師の数は足りてるとは思いませんよ。一番重要なのは今の医師数でいかに効率よく医療を行うかが問題だと思います。今、目の前の問題です。開業医(9時5時)が病院で働いてもらえるような仕組み作りが必要かと。近所の開業医では、午後は大学病院の医師が毎日日替わりで来ています。医療連携するには余りにも遠く離れた大学病院から。100m先には医療連携すべき大学病院があるにも関わらず。どうも出身校別の派閥関係のようです。私は国に期待するよりも地方の自治体と医師会の連携が重要だと思います。
一般人
2008/02/18 22:54
 桜井さん、キャンペーンへのご参加ありがとうございます。

>一部責任を負わされるだけでもアウト
 おっしゃるとおりだと思います。「過失は認めるけど処罰は無し」的な無罪判決が出ないことを、切に祈っています。(もちろん有罪は論外です)
birds-eye
2008/02/18 22:57
一日中キャンペーンを追いかけてここにもたどり着きました。

私も福島事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します !
HDsurgery
2008/02/19 00:47
 トラックバックありがとうございました。「産科医療」はもはやギリギリです。そこへこの大野病院事件、どれほど現場の先生の「士気」に影響したのかはわかりませんが、産科医を目指す若者が減ったというのは事実です。医師は「患者を助けたい」のです。そのために失敗するたびに刑務所へ連れて行くことは他の先進国じゃありえません。これをもう少し拡張すれば「仕事」を一生懸命している人を「ミスしただろ」といって刑を問われれば誰もその仕事などできません。やはり「民事裁判」だけで行われるべき性格の事件だったと思います。ありがとうございました。
skyteam
URL
2008/02/19 02:05
>一般人さん
> 出身校別の派閥関係
 これは、医局がらみだとそんな話もあるようですね。××病院は○○大学の医局とつながりが強い、とか、普通に聞く話であるように僕は思います。
 弊害とか、メリットとか、詳しくないので僕はコメントを差し控えますが。

 そもそも、医者が9時5時で働いたのでは現場が成り立たないような医療制度に問題があるとも思います。労働基準法の水準を実現するためには今の3倍の医師数がいると、前も記事に書きましたが、どうにかならないものでしょうかね?
birds-eye
2008/02/19 22:48
>HDsurgeryさん
 初めまして。お越しいただいてありがとうございます。ご参加くださったことにも、深くお礼申し上げます。
birds-eye
2008/02/19 22:52
>skyteamさん
 お越しくださり、ありがとうございます。ブログたくさんのことを学ばせていただいています。

> 産科医を目指す若者
 これは、再来月から医学部に進む僕には人ごとではありませんが… 僕自身はまだ診療科を決めかねていますが、辛くてもやりがいのある仕事に就きたいと思っています。学士編入仲間にはこの窮状を見かねて産婦人科を志し、合格した人もいました。 

 でも、やはり社会としてもっとこのような志をバックアップしてくれることを望みます。逮捕投獄も問題ですが、それに限らず。そんなことを、時間があるうちに、「一般の人に向けて」訴えていきたいと思っています。
birds-eye
2008/02/19 23:02
私も福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します。

ホントに、こんな事が続いたら、医者になるって人もいなくなるし。
医者を辞める人間も続出しますよ。
Dr. I
URL
2008/02/20 00:41
 Dr. Iさん、キャンペーンご参加とトラックバックありがとうございました。

 医師が辞めていくのが取り返しのつかないところまで進む前に、この問題意識を社会全体で共有したいです。
 薬害肝炎でも、「メディアを上手く使ったもの勝ち」という側面があったように思います。医者の側でも同じ様なことができないかなと、最近考えています。

 …「医師が法定水準をはるかに超えた過酷な労働を強いられているのは、国が対策を怠ったからだ。残業代を払え」と訴訟を起こす、とか?
 思いつきですが。
birds-eye
2008/02/20 22:11
問題は医師不足だけではないでしょう。結局こう言ってしまえば実もふたもありませんが、詰まる所お金でしょう。資金がないと医療はできません。たとえば夜間帯に医師が一人だけいてもどうしようもないわけで。つまり2次救急、3次救急の患者が来た時、それに対応できるだけの設備、人員(医師以外も必要)がその病院に備わっているかでしょう。まさか全ての科に対し当直医をそろえるなんて事はよほどの大規模病院でもなかなかできるものではありません。もしできたとしてそれだけの人員を揃えた分の費用人件費を補うだけの患者が常に夜間帯に来るでしょうか?仮に医師を5人看護師、検査技師、薬剤師、事務、レントゲン技師全て揃えて待機させると果たして一晩でいくら人件費、その他諸経費が必要となるでしょうか?間違いなく大赤字です。誰もボランティアでは働けません。医療とはお金のかかるものなのです。
大豪寺
2008/02/21 13:15
こんばんは〜      いつもわかりやすく書かれているので、一般人としては有難いです。     今、医療を取り巻く環境は厳しくなるばかりです。
にも拘らず、医者になられることはとても大変だと思います。
M3には、たくさんの素晴らしい先輩がいらっしゃるので、不安になることがあれば頼れる存在だと思います。
将来、同じように医者になりたいと思う人の夢をなくさないようにと願っています。
E
2008/02/22 21:48
>大豪寺さん
 コメントありがとうございます。
 医療にお金がかかるというご指摘は、おっしゃるとおりです。日本の医療が格安だという話はその筋では有名ですが、ペイするだけの医療費を請求するとなると欧米並みの値段にせざるをえなくなります。
 そこを、どう知恵を絞るかという問題だと僕は思っています。
 もしまだでしたら、こちらもご覧ください。
http://8910-1000.at.webry.info/200801/article_14.html

>Eさん
 お褒めいただいて恐縮です。一般の方に分かっていただきたくて記事を書いているので、いただいたようなコメントはとても励みになります。
 M3の方々は、とても頼りにさせていただいています。こんな方がいると言うことを一般ブログに紹介するのが、うちの役目かなと最近思ったりします。
 志を持って医師を目指す人が望みを叶えられ、そんな良医が尊重される社会になるといいなと思います。
birds-eye
2008/02/24 00:23
ファスナー式開閉内部:私はyahooショッピングで、アウトレット商品です。?
マンハッタンで皮革小物工房として設立されたCOACHは、洗練された上品なデザイン性と、状態1941年に米国ニューヨークのマンハッタンのロフトにある家族経営の小さな工房で伝承された技術を持つ6人の熟練した皮革職人からスタートしました。!
オープンポケX1携帯ポケX1.。 <a href=http://www.sekaisales.com/c-177_181.html>ポールスミス 財布 激安</a> 僅差で売り切れてしまうことがありますのでご了承くださいませ。繰り返し比較を通して、縦:約25cm(中央部) 横:約33cm(開口部)マチ:約11cm 持ち手の長さ:約55cm (調節可能) !
コーチ バッグ COACH F19203 SKHPX シグネチャーストライプ ポケットトートバッグ カーキ/ライトパープル COACH コーチのアウトレットより、手作りのバッグを中心にファッション分野へ進出し、ショルダーバッグと2WAYでお使いいただけます。?
http://www.sekaisales.com/c-223_244.html
Trobaneittina
2013/07/24 05:15
http://www.toptattooandpiercing.com/Categories-52.html
http://www.toptattooandpiercing.com/Categories-46.html
ヴィヴィアンメリッサ
http://www.toptattooandpiercing.com/Categories-50.html
http://www.toptattooandpiercing.com/Categories-44.html
ヴィヴィアンメリッサ
http://www.toptattooandpiercing.com/Categories-45.html
アクセサリー レディース メンズ カジュアル ヴィヴィアンリー
ヴィヴィアンメリッサ
ヴィヴィアンメリッサ
http://www.toptattooandpiercing.com/Categories-43.html
アクセサリー レディース メンズ カジュアル ヴィヴィアンリー
http://www.toptattooandpiercing.com/Categories-51.html
アクセサリー レディース メンズ カジュアル ヴィヴィアンリー
phipaduch
2013/10/01 23:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
産科医不当逮捕・立件事件への抗議行動 白鳥一声/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる