白鳥一声

アクセスカウンタ

zoom RSS 給油新法: 衆院再可決は許されない

<<   作成日時 : 2008/01/11 22:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

原点に立ち返るべきです。
「衆議院の優越」は何故か?

 本ブログ「白鳥一声」は、給油新法が参院で否決されたのにも関わらず、自民党が衆院で3分の2以上の賛成による再可決を行ったことを厳しく非難します。
 『新テロ特措法が成立、衆院再議決は57年ぶり』
  イザ!配信 2008.01.11


 憲法59条にもとづく今回の再可決が、民主政治がないがしろにしたものだ考えるからです。

 日本国憲法の同条などに「衆議院の優越」が規定されているのは、「衆議院には解散があることや参議院よりも任期が短いことから、衆議院は参議院より国民の意思により近いと考えられているため」だとされています(Wikipedia記事『衆議院の優越』より引用)。
 ところが、今国会に限っては、参議院の方が国民の意思に近いと考えて当然の状況でした。直近の選挙は参議院選挙であり、自民党が大敗しています。しかも参院選では給油新法も争点として取り上げられていたのに対し、前回の衆院選はいわゆる「郵政総選挙」でした。

 それにもかかわらず今回の再可決を行った自民党は、民主主義のルールを破ったものとして非難されるべきです。いわば「憲法59条を逆手にとった反則行為」であったと、当ブログは考えます。
 一連の論議には民主党にも問題がありましたが、ルールを破った自民党は掲げる政策の内容以前の過ちを犯しました
 この点を、僕たち国民は来るべき総選挙に向けて銘記すべきだと考えます。

◆ ◆ ◆

 なお、給油新法そのものの是非についての僕の見解は、「もっと議論を深めるべき」というものです。民主党の対案と併せて、国会でその功罪を明らかにするべきでした。
 この点については、僕は朝日新聞の社説に賛同します。
  『再可決へ―「3分の2」決着の無策』
   朝日新聞社説 2008.01.11
 (Web魚拓

 参考までに、以前僕がこの問題について書いた記事も示します。
  『テロ特措法延長: どちらがいいのでしょう?』
 当時より僕は「給油新法(テロ特措法)反対」の立場に傾いていますが、うえに書かれた中には僕が依然として持っている問題意識も多く含まれています。

――ブログランキング参加――
僕たちを取り巻く様々な問題を、より深く考えるため、
もしもこのブログの記事が少しでも皆さまのお役に立てたなら、
一日ひとクリックだけご協力いただければ幸いです。
1日2クリック以上は無効となるようです
この記事がより多くの人の目に触れる機会となります。
あつかましいお願いですが、よろしくお願いいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
超現実主義者か小沢党首は:衆院議決を退席し大阪府知事選へ
新テロ特措法:成立 衆院で57年ぶり再可決 月内に艦船派遣 ...続きを見る
自分なりの判断のご紹介
2008/01/12 10:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
給油新法: 衆院再可決は許されない 白鳥一声/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる