白鳥一声

アクセスカウンタ

zoom RSS JAL労組人権侵害: 危機管理能力のない会社

<<   作成日時 : 2007/12/01 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

企業が過ちを改めるのは、自分の利益のためで結構です。
結果として、このような事件がなくなればよいのですから。
それすらできない会社には、強い憤りを感じます。

 日本航空の最大労組「JAL労働組合」が客室乗務員(フライト・アテンダント、いわゆる「スチュワーデス」)の個人情報を不正に保有していた問題で、客室乗務員らが同社及び同労組を提訴したニュースです。
  『客室乗務員ら日航を提訴、個人情報の無断保有で』
   イザ!配信 2007.11.26

 保有された個人情報には、
男好き/合コン狂い/流産2回/生理休暇を毎月とる/おでぶ/酒好き/スタイル抜群……。
などという記載までされていたそうです。会社ぐるみの情報収集で不当労働行為の恐れも指摘されています。
  朝日新聞 天声人語 2007.12.01 (Web魚拓
  『「JALFIO執行部による 客室乗務員個人情報無断保有事件」 に関する機長組合見解』

 労働問題としては、このブログ記事では深追いしません。一般論として、雇用者と労働組合の癒着は労働者の権利を損なうので即刻正されるべきです
 天声人語が言うところの「下品な世間話」に興味を持つ男性がいることもとやかく言いません。男性が100人もいれば、こんな話で喜ぶ人もゼロにはならないとあきらめているからです。女性の人格を無視する態度には怒りを感じますが、彼らの考え方をいまさら変えられるわけもなく、根絶するのに南京やアウシュヴィッツが必要ならばそれは優生思想に似て僕は好まないからです。

 僕は、今回の事件を起こしてしまった日本航空を非難します。問題を直接起こしたのは労働組合ですが、会社の関与がなければ知り得ない情報が文書に含まれており、この問題に無関係だとは考えられないからです。

 「下世話な」男性を雇用して要職につけるのは思想信条の自由ですが、彼らの監督を怠り、結果的にこのような文書が作られてしまったことは同社の責任です。企業モラルでなくとも、万一漏洩するというリスク管理が不十分でした。

 同社の社員にはこのような文書が作られることに問題を感じた人もいるはずです。そのような人に意見する機会を与えなかったことも深刻な問題です。そのような企業体質は、航空会社であるだけに、安全な航空運行への疑念にまで容易にふくらむでしょう。

 同社の謝罪と反省は不十分です。組織ぐるみの関与を否定する主張は、肝心なことに、顧客である我々を説得できません。客室乗務員に対する女性蔑視の扱いは重大な人権侵害ですが、関係者の処分は重いものでも停職までで、問題の重大さを認識しているか深刻な疑問をいだかせます
 不祥事に対する対応は企業の危機管理能力の生命線です。このような鈍重な態度が、日本航空という企業のブランドイメージ失墜に直結することを、経営幹部は認識すべきです。

 日本航空の不祥事は同業の全日空と比べてはるかに多い印象があります。そのようなイメージを挽回するつもりがあるのなら、同社がこの問題について「乗客が納得できる」対応を早急に取ることを僕は望みます。


(追記)
 ちょうどこの記事を書いている最中に、同社労組が保有した個人情報の中身についてのニュースが出たようなので、補足します。
  衝撃訴訟「日航CA監視ファイル」の中身とは
   イザ!配信 2007.12.01

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
企業の社会的責任
あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 今年はブログ内容の質を向上していこうと思います。 ...続きを見る
ぜんだまきん,JAL労組人権侵害: 危機...
2008/01/07 13:04
レイバン メガネ
JAL労組人権侵害: 危機管理能力のない会社 白鳥一声/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン メガネ
2013/07/04 00:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
JAL労組人権侵害: 危機管理能力のない会社 白鳥一声/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる