白鳥一声

アクセスカウンタ

zoom RSS 社保庁年金/薬害肝炎: 機能しない不祥事検証

<<   作成日時 : 2007/11/01 18:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

いまいちど、「責任を追及する」とはどういうことか整理したいと思います。

 社会保険庁の年金問題、厚労省の薬害肝炎、防衛省の守屋次官癒着問題と、このところ政府での不祥事が相次いで報じられており、憤りを禁じ得ません。
 ですが、そのこと自体よりも、不祥事に対する責任追及が健全になされていないという不安を感じます。そんな報道を、二つほど挙げます。
社保庁の歴代長官、責任最も重い 5千万件解明ならず
朝日新聞 2007.10.31Web魚拓) より抜粋

 社会保険庁のずさんな年金記録管理の原因を究明する総務省の「年金記録問題検証委員会」(座長・松尾邦弘前検事総長)は31日、最終報告書を発表した。…

  (中略)

 松尾氏は31日夕、増田総務相に最終報告書を提出。「特定の時期に特定の個人に責任を求める事柄ではなく、それぞれの職にある者が職責を果たしてこなかった積み重ねが深刻な事態を招いた」との座長談話を出した。

  (中略)

 一方、こうした不祥事を招いた責任については、 … 歴代厚相、厚労相についても「組織の統括者としての責任は免れない」とするなど、立場ごとに表現を変えて言及した。ただ、それぞれについて、個人の具体名には触れなかった
 ※強調は引用者による
 僕は、この報告書は肝心な部分を欠いていると考えます。責任を追及し再発を防止するためには、「誰の、どの行動が」問題を引き起こしたか明らかにしなければならないのに、その点が全く明らかになっていないように記事からは読めるからです。この記事からはその点に関する問題意識がかいま見えています。その立場に、僕は積極的に賛同します。
 社保庁の年金問題には、「データの入力ミス(作業の怠慢)」「職員の着服」「年金支給の申請主義」などいくつかの要因があったはずです。それらが「実際に起こった時期に」「その部署を管理する役職にあった」個人を明らかにすることが、最低限必要とされるはずです。そこをぼやかしては、報告書の意義が失われます。
 「問題が起きたらトップの責任を問う」というのも、もちろん正しいことです。しかし、同じ社保庁長官を責めるのでも、はじめに問題が起きたときに見逃した人のほうが、それを引き継いだ人より責任は重いはずです。機械的にトップを責めるだけでは、再発防止には何の役にも立たないのではないでしょうか?


 二つめは、薬害肝炎に関する記事です。
薬害肝炎の検証チーム ドタキャンの後は「秘密裏」
朝日新聞 2007.10.31Web魚拓) より抜粋

 厚生労働省は30日夜、薬害肝炎問題を検証する調査チームの初会合を同日開いたことを明らかにした。…

  (中略)

 …30分程度開いたが、内容は「原則非公開で言えない」とした。
 なぜ「原則非公開」なのか、検証チームの態度に僕は強い疑問を感じます。責任追及・原因究明の過程を明らかにするために、会合は原則公開にしたほうがよいはずです。
 議事録を公開して、よほど公開できない情報だけを黒塗りで塗りつぶせばよいと僕は考えます。「表立ってできない話があるから、公開できない」ということであれば、それこそが一連の不祥事の温床となるような習慣です。それで責任追及が滞るなら、まずは検証チームのメンバーの問責・更迭から取りかかってもよいと考えます。(逆に、特に原因究明に貢献が大きかったメンバーは、議事録を通じて評価され、なんらかの顕彰が与えられるべきだと考えます。)
 問題が起きた以上、政府にはその原因を国民の前に明らかにする責任があるはずです。それには、原因究明の過程を明らかにすることまで含まれると思います。


 あらためて、主張します。
 不祥事の責任追及のあり方として、求められるのは、「誰の」「どの行動が」問題を引き起こしたかを「国民の前に明らかにする」ことです。この条件が満たされなければ、不祥事の検証はその意義を失うと僕は考えます。
 その点、この二つの不祥事検証は大きな問題を抱えており、僕はその実効性につよい疑問を感じています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
機密漏洩逮捕: 責任追及の好例として
「誰が悪かったか」明らかにすることでこそ、 失敗を教訓に変えることができます。 ...続きを見る
白鳥一声
2007/12/16 22:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
社保庁年金/薬害肝炎: 機能しない不祥事検証 白鳥一声/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる